アルコール・ハラスメント

断固反対!アルコールハラスメント

本当はお酒が好きでたくさん飲みたいのに、体質的に量を飲めない人もいます。
あるいは逆に、量を沢山飲まなくてもいいけど、飲み会の雰囲気や少量のお酒で楽しめるという人もいます。

 

一緒に飲む人が気心の知れた仲間であればいいんですが、社会人ともなるとそうとばかりも言えないオトナの事情があるのも確かですよね?
たとえば、体質に合わせて身体と相談しながらほどほどに飲みたいのに、上司や取引先に勧められるままに飲まなくてはいけない・・・などと言ったシチュエーション。

 

管理人もその昔、先輩に「俺の酒が飲めないのか?」と迫られて、無理して飲んだこともありますが、これは立派なアルコールハラスメントです。
そもそも僕には、相手に無理やり飲ませることの何が楽しいのかサッパリ分からないんですよねw
そんなことで、自分の立場が上だとでも主張したいんでしょうか?

 

アルコールの分解能力はひとそれぞれ違うし、その限界を超えるまで飲ませてしまった時にその人は責任取れるんでしょうか?
そんなものに付き合うのは正直バカらしいんですけど、取引先とのお付き合いであればある程度は受け入れなければならないケースもあるでしょう。

 

その時は、出来るだけアルコールを飲まないような対策を講じる必要があります。
僕がやっていた方法としては、先輩や上司がトイレに行ってる間にこっそり、ノンアルコールカクテルやソフトドリンクを注文して、カクテルやチューハイだと言って飲んでました。
とは言え、あくまでもコレは現場での苦肉の策。

 

ホントはアルコールハラスメントなんて無くなればいいのにね。