アルコール 頭痛薬

頭痛薬はギリギリまでガマン・・・

飲み会の後、あまりにも頭がガンガンして眠れないなんてこともあります。
もしくは帰宅した時は痛くなくて、眠りに就いてから頭痛が始まって、夜中に痛くて目を覚ますというパターンもあります。

 

どうしても痛くて眠れない時には、止むを得ず頭痛薬を飲んでしまいますね。
やむをえずと書いたように、頭痛薬はギリギリまで我慢して、もうこれ以上は無理という場合にのみ飲むことにしています。

 

基本的には身体からアルコールが抜けたであろう頃までガマンしてから飲むようには心がけています。
最低でも4〜5時間は空けてる感じですね。

 

翌日が仕事なら、頭が痛いと業務に支障が出ますし、接客業や営業職なら相手がいる分、なおさらです。
もし次の日が休みだったとしても、せっかくの休日を無駄にしないためにも、極力頭痛を引き起こさない飲み方が大切になってきます。

 

とは言え、本当は頭痛薬は飲まないに越したことはありません。